風に吹かれて

英語、音楽、書物。写真に車。日々の思索。

*

VWの不正問題 反省して正々堂々とトヨタに挑んで欲しい

   

ドイツ・フォルクスワーゲン(以下VW)の排気ガス不正問題には驚きました。ドイツ車はクリーンでおよそ不正とは程遠いイメージがあったからです。質実剛健で理詰めに物事をこなす。それはものづくりでも、あるいはまたサッカーでもそれがドイツの持ち味でしょう。

そんなVWが不正に手を染めたのはアメリカ市場で売上を伸ばし、ライバルのトヨタに勝ちたい思いがあったからと言われています。

自分はアンチ・トヨタなので、VWに勝って欲しいと思っていましたが、不正してまで勝つのは良くないことです。

VWは初代ビートルから始まって、歴史に残る素晴らしい車を次々に生み出してきました。自分も3代目ゴルフに乗っていたことがありますが、作りの良さ、走りの良さに唸りました。日本車とは格が違うと。

ゴルフは自分の車への見方を変えてくれた車です。ゴルフから自分の外車遍歴が始まったわけです。

フォルクスワーゲンとは日本語に訳すと「国民車」という意味です。一般庶民が手に届く車を作ろうということで始まったわけですが、昔はいざしらず、今となってはお値段は庶民的とはいえません。「国民車」を謳うならもっと安くするべきでしょう。

VW社にはこれから莫大な費用負担がのしかかるでしょうが、まさか潰れるとは思えないので、時間はかかっても復活するでしょう。しっかり反省して、その時には正々堂々とトヨタに挑んで欲しいと思います。

 - 時事問題,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ポルシェ911カレラ(930型)梅雨の晴れ間の快走行

梅雨の晴れ間、久しぶりにポルシェを駆り出した。 キーを捻ると、一発で空冷エンジン …

147セレスピード故障 ギアが入らない

アルファロメオ147に乗っていますが、うららかな春の日のお花見の帰り、セレスピー …

「ナッツリターン」―ピーナッツで飛行機を引き返させたトンデモ事件

面白い事件が起きました。ニューヨークの空港を離陸しようとしていた大韓航空旅客機の …

物議を醸す曽野綾子氏産経コラム

曽野綾子氏が今月11日朝刊の産経新聞に書いたコラムが物議を醸しています。アパルト …

ツーリング 道の駅裏磐梯 ポルシェ911とヤマハボルト

先日今度は道の駅・裏磐梯に行ってきました。115号からレークラインを通って裏磐梯 …

デリカD:5 退院 エンジンコンピュータ関連のトラブル

入院していたデリカが退院した。コンピューター関係のトラブルで、部品交換となった。 …

アルファ147ホーン故障とエアバッグ警告灯常時点灯修理ーイデアル仙台でアバルト595試乗!

セレスピードの故障から立ち直った147ですが、今度はホーンが鳴らなくなったのと、 …

じつにくだらない流行語大賞

毎年思うのですが、今年は特に。 流行語って、結局メディアが広めたから流行語になっ …

マツダのパクリイメージ払拭戦略

人はなぜマツダ車の“あのデザイン”に惹きつけられるのか? 誰も惹きつけられている …

アルファ147 バッテリー交換 ACDelco エーシーデルコ

寒くなって来て、朝、エンジン始動時、セルモーターの勢いがなくなってきた。バッテリ …