草枕.com

旅と音楽、書物、写真、アルファロメオとポルシェetc。日々の思索。

*

「When Summer Comes」の甘いささやきーオスカー・ピーターソン

      2015/12/10


この曲を初めて聞いた時、なんて甘く優しいメロディーなんだろうと思った。

超絶技巧で有名なオスカーのイメージからは程遠い、ゆったりと流れるような旋律。

黒人の迫力あるあの容姿からこのようなロマンチックなメロディーが生み出されるとは。

いい意味で裏切られた気がする。

オスカー・ピーターソンはビル・エバンスとならんで、僕が最も好きなジャズ・ピアニストだ。

 

 - Jazz

Comment

  1. 矢田哲彦 より:

    2004年の東京公演をワイフと2人で見ました。それが当日シートに座って最前列しかもピアノが目の前の席であることを知らずに座り感激、感動でした。前座の上原ひろみを初めて聴きましたがスタンダードジャズが好きな私には居心地があまり良くない感じがしました。オスカーピーターソンは20年以上のファンでレコード特にCDはビルエバンスの次に多く持っています。この日の演奏で初めて聴いたWhen Sumar Camesは涙が自然に出てきたことを思い出します。

    • 管理人 より:

      矢田様、コメントありがとうございます!感激です!当方のブログに立ち寄っていただき、コメントしてくださるなんて、本当に嬉しいです。ありがとうございます。オスカーピーターソンのコンサートに行かれたとはなんとも羨ましい限りです。20年以上ものファンなのですね。私はジャズ初心者で、好きになってまだほんの数年の若造です。ピアノ・トリオが好きで、ビル・エバンスとオースカーピーターソンが好きです。趣味が合いそうですね!雑多なブログで更新頻度は少なめですが、またよろしかったらお立ち寄りください。今後共よろしくお願いいたします!

矢田哲彦 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

関連記事はありませんでした