草枕.com

旅と音楽、書物、写真、アルファロメオとポルシェetc。日々の思索。

*

国連制圧ー無能な国連を描く実際にあってもおかしくない話

      2015/09/19

books-UN
テロリストがニューヨークの国連ビルに侵入し、人質をとって身代金を要求し立てこもる話。

テロリストは5人で、国籍がブルガリア人、ウルグアイ人、オーストラリア人、フランス人、日本人という設定。作者トム・クランシーの日本人に関するネガティブな記述がいくつか出てくるが、一般的なアメリカ人の抱いている日本人像なのか、それとも作者独自のものなのか気になるところ。

いずれにせよ、国連が理想とは程遠い組織で、いかに無能であるか、ということを理解できた点は良かった。

国連制圧 (新潮文庫)

トム クランシー,スティーヴ ピチェニック 新潮社 2003-04
売り上げランキング : 535067
by ヨメレバ

 - 書物

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ノルウェイの森 村上春樹

ブックオフで綺麗なものが100円で売っていたので、今更ではあるが読んでみようと思 …

no image
ブルーススプリングスティーンと佐野元春

村上春樹のエッセイ「意味がなければスイングはない」にブルーススプリングスティーン …

no image
村上春樹氏、ドイツの文学賞を受賞

村上春樹氏がドイツの文学賞「ウェルト文学賞」を受賞しました。毎日新聞デジタル版に …

されど われらが日々ー柴田翔

高校生の頃読んだ小説を読み返してみた。内容はすっかり忘れてしまっていたのだが、「 …

no image
村上春樹がノーベル文学賞をまたも逃す

村上春樹がまたもノーベル文学賞を逃しました。自分はファンというほどではないですが …

hyakuta_daihougen
百田尚樹「大放言」を読んでーリアリティある至極まともな内容【感想】

「永遠の0」の作者で今話題の百田尚樹氏による新刊「大放言」を読んだ。別に大放言と …

no image
『知ろうとすること。』早野龍五・糸井重里著

福島の原発事故の影響について、科学的データを根拠としながら、誰もが理解できる平易 …

fallenleaves
秋の日の ヴィオロンの ためいきの…

太陽が傾き、日差しが部屋の奥まで入ってくる季節になった。 秋の日の午後。こんな時 …

『歴史問題をぶった切る』藤岡信勝・竹内睦泰・倉山満ー「強制連行」「従軍慰安婦」「南京大虐殺」自虐史観を正す好著

偏向した歴史教育と長年闘ってきた藤岡信勝氏、左翼講師ばかりの予備校業界で孤軍奮闘 …

『世にも美しい数学入門』藤原正彦・小川洋子ー数学に対する見方が変わる【感想】

数学が実は美しいものである、という新鮮な視点を与えてくれる良書。二人の会話調の平 …