草枕.com

旅と音楽、書物、写真、アルファロメオとポルシェetc。日々の思索。

*

されど われらが日々ー柴田翔

      2015/09/22

Exif_JPEG_PICTURE
高校生の頃読んだ小説を読み返してみた。内容はすっかり忘れてしまっていたのだが、「良かった」という読後感だけは覚えていた。改めて読んでみるとかなり重い内容であることに驚く。「恋愛」「虚無」「自殺」。左翼運動に命をかけていた若者らの青春、そして挫折。信じているものがもろくも崩れ去ったあとに残るものは、大きな虚無感。
主人公は言う。

「・・幸福には幾種類かあるんで、人間はそこから自分の身に合った幸福を選ばなければいけない。間違った幸福を掴むと、それは手の中で忽ち不幸に変わってしまう。いや、もっと正確に言うと、不幸が幾種類かあるんだね、きっと。そして人間はそこから自分の身に合った不幸を選ばなければいけないのだよ。本当に身に合った不幸を選べば、それはあまりよく身によりそい、なれ親しんでくるので、しまいには、幸福と見分けがつかなくなるんだよ」

こんなこと、当時はまったく理解していなかったはずである。しかし、人生を重ねた今、自らの経験と照らしあわせてみると、なるほどそうかも知れないと共感できる内容であった。

 - 書物 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

hyakuta_daihougen
百田尚樹「大放言」を読んでーリアリティある至極まともな内容【感想】

「永遠の0」の作者で今話題の百田尚樹氏による新刊「大放言」を読んだ。別に大放言と …

太宰治「人間失格」 芥川賞作家ピース又吉の原点

ピース又吉が「火花」で芥川賞を受賞した。Conglaturations! 彼の文 …

別冊水野和敏 R35GT-R開発責任者による本格派のクルマ批評

日本車よりも外車好きな管理人ですが、GT-Rには敬意を払っております。昔は一番好 …

no image
ブルーススプリングスティーンと佐野元春

村上春樹のエッセイ「意味がなければスイングはない」にブルーススプリングスティーン …

ノルウェイの森 村上春樹

ブックオフで綺麗なものが100円で売っていたので、今更ではあるが読んでみようと思 …

fallenleaves
秋の日の ヴィオロンの ためいきの…

太陽が傾き、日差しが部屋の奥まで入ってくる季節になった。 秋の日の午後。こんな時 …

『歴史問題をぶった切る』藤岡信勝・竹内睦泰・倉山満ー「強制連行」「従軍慰安婦」「南京大虐殺」自虐史観を正す好著

偏向した歴史教育と長年闘ってきた藤岡信勝氏、左翼講師ばかりの予備校業界で孤軍奮闘 …

no image
村上春樹氏、ドイツの文学賞を受賞

村上春樹氏がドイツの文学賞「ウェルト文学賞」を受賞しました。毎日新聞デジタル版に …

国連制圧ー無能な国連を描く実際にあってもおかしくない話

テロリストがニューヨークの国連ビルに侵入し、人質をとって身代金を要求し立てこもる …

no image
『知ろうとすること。』早野龍五・糸井重里著

福島の原発事故の影響について、科学的データを根拠としながら、誰もが理解できる平易 …